振袖を着こなす

振袖の生地の種類

振袖の生地の種類 最近では着物の生地は様々な種類があり、着物の種類や用途によって使い分けることができます。
成人式で着用する振袖のように、特別なイベントのために購入する着物は、高級素材として知られる絹が用いられることが多く見られます。
絹はシルクとも呼ばれ、着心地の良い肌触りと滑らかで光沢がある質感が特徴です。
振袖に限らず着物では最もよく使われる代表的な素材と言えます。
絹にもグレードが存在し、高級グレードの素材は高価な代わりに、肌触りや質感のクオリティも高く、値段に見合った美しさとステータス感が見て取れます。
安価な素材で、着心地も良い素材がポリエステルです。
自宅で洗える着物として、日常で着用するのに適しています。
絹の着物は自宅で洗うのが難しく、適切な保管方法も知っていなければいけません。
ポリエステルはその点、自宅で洗濯できる気軽さから着物初心者でも扱いやすいのが魅力です。
しかし静電気を起こしやすいデメリットもあるので、十分に注意しましょう。

振袖の帯の種類

振袖は着物の中でも盛装ですから、袋帯を用います。これは二重太鼓を締めるためのもので、全体の幅が同じタイプのものを指します。
お太鼓になる部分以外の幅が半分になった名古屋帯とは異なります。こちらは「格」が少し下がりますから、振袖には合わせません。
普段着や、おしゃれ着を楽しむときに使います。袋帯を用いる理由は、生地の豪華さにあります。
金糸銀糸を用いたり吉祥文などのおめでたい絵柄が多いので盛装にぴったりです。
また、振袖の場合には変わり結びをするという点も挙げられます。盛装の場合は後ろ姿が華やかに見えるように締めますから、その分生地もたくさん使うわけです。
伝統的な「文庫結び」や「ふくら雀」「立て矢結び」のほかにもそれらをさらに華やかにアレンジしたものや、バラなど大輪の花が咲いたような結び方も見かけるようになりました。
いろいろな結び方が研究されています。そんな結び方には、半幅では対応できないのです。着物の場合、「格」というのは重要ですので、組み合わせる場合は気を付けて選ぶようにしましょう。

振袖
新着情報

◎2017/11/30

レンタルする?購入する?
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

振袖の生地の種類
の情報を更新しました。

◎2017/7/21

振袖での写真撮影に合うポーズ
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

振袖の袖の本来の意味
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

袴や振袖の着付けについて
の情報を更新しました。

◎2017/1/24

振袖を着るタイミング
の情報を更新しました。

「振袖 生地」
に関連するツイート
Twitter